FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告

三味線体験の感想を頂きました

2016年5月に、義太夫の太棹三味線と長唄の細棹三味線の音色や演奏法の違いをお聴き頂こうと企画した『春の三味線会』。


当日の様子はこちらからご覧下さい↓
http://imahujiwakami.blog.fc2.com/blog-entry-521.html

「三味線体験コーナー」でのご感想を頂きましたので掲載させて頂きます^_^

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

「春の三味線会」では、太棹三味線と細棹三味線の体験をさせていただきました(^-^)

太棹三味線はとにかくバチを持つ手が痛かったです。
奏者さんの手を持つと大きなたこができていて、こんな痛さに耐えて練習を重ねて、すばらしい演奏をされているんだ!と驚きました。

細棹三味線の方は痛くなかったですよ(^-^*)
でもいい音を出すのが、とても難しかったです。
体験前は、弦をはじくと音が鳴るんだろうなぁと思っていたのですが、それはとんでもなく!ピヨンと音なるだけでした。
それでも今藤さんが丁寧に教えてくださって、実はバチを三味線に打ち付けて共鳴させていることがわかった時には、大発見をした気分でした。
その後、うまく弦をはじきながらバチを打ち付けたかったのですが、バチの持ち方やはじく角度がまったく定まらず、練習をしていたらあっという間に時間がたってしまいました。なんとか「さくら」を演奏できてよかった♪♪

まず音を出すのが難しいのに、さらに音程も気にして、回りの奏者さんとの息をぴったり合わせて・・・三味線奏者さんのしていることは神業だなぁと思います。

体験は本当に楽しく夢中になってしまい、公開講座だったのに無言でひたすら練習してしまいました(^-^;)
聞いているだけ見ているだけとは違い、やっぱり体験は発見が多く楽しかったですo(^-^)o

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

詳しく楽しいご感想を有難うございました♫
Category: みんなの声

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。